エックスサーバーでWordress簡単インストールの手順

 

エックスサーバーには「WordPress簡単インストール」という機能があります。

 

文字通り、誰でも簡単にWordPressをインストールできる機能なのですが、

これを行うには、事前に以下の3つの作業を済ませておく必要があります。

 

  • WordPressに紐付ける独自ドメインを取得
  • ドメインをエックスサーバーのネームサーバーに変更
  • ドメインをエックスサーバーに登録

エックスサーバーでWordress簡単インストールの手順

まずエックスサーバー にログインして、インフォパネルを開きます。

WordPressをインストールするサーバーの「サーバー管理」をクリックしてください。

 

インフォパネル

 

 

サーバーパネルが開きます。

その中の「WordPress簡単インストール」という項目をクリックしてください。

 

WordPress簡単インストール

 

 

ドメイン選択画面では、

事前にエックスサーバーに登録したドメインが一覧で表示されます。

 

WordPressと紐付けるドメインを選択してください。

 

ドメイン選択画面

 

 

WordPress簡単インストールを行っていきます。

「WordPressインストール」タブをクリックして選んでおいてください。

 

WordPressインストール

 

 

WordPressの情報を入力していきます。(以下の画像を参照)

 

  • ① WordPressに紐付けるドメインを選んでください。
  • ② ブログ名を入力(後で変更できるのでとりあえず何か入力)
  • ③ WordPressのユーザー名を入力
  • ④ WordPressにログインする際のパスワードを入力
  • ⑤ WordPressの情報を受信するためのメールアドレスを入力
  • ⑥ 「キャッシュ自動削除」をオン、「自動でデータベースを生成する」にチェック
  • ⑦ 最後に「確認画面へ進む」をクリック

 

WordPressインストール

 

 

入力項目を確認してください。

内容に問題なければ、「インストールする」ボタンをクリック

 

WordPressインストール

 

 

以下がインストール完了の画面です。

重要な情報が書いてあるので、何処かにコピペして控えておいてください。

 

さらに「管理画面URL」のリンクをクリックして、

正常にアクセスできるかどうか確かめておいてください

 

WordPressインストール

 

WordPressの管理者ページが表示されればOKです。

 

WordPressの管理者ページ

 

 

WordPressを新規インストールしたタイミングで、ついでにやっておいて欲しいのが

SSL化(https化)の作業です。

 


スポンサーリンク

WordPress新規インストール後のSSL化

WordPress管理者ページにて、「設定」から「一般」をクリック

 

一般設定

 

 

一般設定の画面が表示されます。

 

ここで注目して欲しいのが以下の項目です。

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

 

一般設定

 

 

それぞれに記入されているURLを、「http」から「https」に書き換えてください。

 

SSL指定

 

 

最後に「変更を保存」ボタンをクリック

 

変更を保存

 

 

これで設定が変更されました。

ブラウザから「https」のURLでアクセスしてみてください。

 

SSLでアクセス

 

WordPressサイトが正常に表示されればSSL化は完了です。

お疲れ様でした。


スポンサーリンク