フォルダの中にあるディレクトリやファイルの名前を一覧で取得する方法を説明します。

 

説明の準備として、

Dドライブ直下に「sample」というファイルを作成。

その中に複数のディレクトリやファイルを入れてみました。

 

サンプルファイル


 

これを使って説明していきます。

dirコマンドでファイル一覧を表示

コマンドプロンプトのdirコマンドで、ファイル一覧を表示させる事ができます。

試しに「D:\sample」内のファイルを表示させてみます。

 

dirコマンド


 

コマンドの説明

dir  [フォルダの場所]

 

コマンドプロンプト内で、フォルダ内のファイル一覧を表示させる事ができました。

ディレクトリには<DIR>のマークが付きます。

それ以外はすべてファイルになります。

「/b」オプションを指定してディレクトリ名、ファイル名のみを表示

次は/bオプションを使ってもう少し綺麗に表示させてみます。

 

/bオプション

 


 

オプションの説明

dir  /b  [フォルダの場所]

 

指定したフォルダ配下にあるディレクトリ名、ファイル名のみを一覧表示させる事ができました。

ディレクトリには拡張子がないので、わざわざ<DIR>マークを付ける必要は無いですね。

こっちの方がスッキリして見やすいです。

「/a」オプションで属性を指定

属性一覧
d ディレクトリ
r 読み取り専用
h 隠しファイル
a アーカイブ
s システム ファイル

 

 

/aの後に属性を付けます

ディレクトリのみ表示させたいなら、/ad

読み取り専用のファイルだけ表示させるなら、/ar

といった感じです。

 

試しに属性がディレクトリのものだけ表示させてみます。

 

属性オプション


 

 

属性オプションの説明

dir  /b  /a[属性]  [フォルダの場所]

 

 

さらに、/aの後にハイフン「-」を付けてから属性を指定すると、

その属性以外という指定になります。

試しに属性がディレクトリ以外(ファイルのみ)だけ表示させてみます。

 

属性を含まない


 

属性以外の指定

dir /b /a-[属性] [フォルダの場所]

 

「/o」オプションでdirコマンドの結果をソートする

ソート指定一覧(昇順)
n 名前順(昇順)
s サイズ順(昇順)
e 拡張子順(昇順)
d 日時順(昇順)

 

/o:の後にソート指定を付けます。

名前順に昇順ソートさせたいなら、/o:n

拡張子順に昇順ソートさせたいなら、/o:e

といった感じです。

 

試しに、日時順にソートさせてみます。

 

並べ替え順序オプション


 

 

昇順ソート指定

dir  /b  /o:[ソート指定]  [フォルダの場所]

 

/o:の後にハイフン「-」を付けてからソートを指定すると、

降順指定になります。

 

並べ替え順序の降順


 

降順ソートの指定

dir  /b  /o:-[ソート指定]  [フォルダの場所]

 


スポンサーリンク

dirコマンドの結果を、テキストファイルにリダイレクトする

次にdirコマンドの結果をテキストファイルに書き込んでいきます。

「>」を使います。

 

dir  /b  [一覧を取得するディレクトリ]  >  [ファイルを排出するディレクトリ][ファイル名.txt]

 

ファイル名は任意です。

試しに、sample.txtというファイルに書き込んでみたいと思います。

sample.txtを排出する場所は、Dドライブ直下の「output」フォルダとします。

 

dir  /b  d:\sample  >  d:\output\sample.txt

 

事前にDドライブ直下にoutputというフォルダを作っておいて下さい。

実際にやってみます。

 

dirコマンドのリダイレクト


 

 

コマンドを実行しても、一見何も変わっていない様に見えますが、

outputフォルダの中に、sample.txtというファイルが作成されています。

 

リダイレクトしたファイル


 

 

sample.txtをダブルクリックして開いてみると、テキストに一覧が書き込まれています。

以下はサクラエディタで開いた図

 

リダイレクトしたファイル


 

 

ファイル一覧をテキストファイルに書き込む事ができました。


スポンサーリンク