元IT企業勤務、大阪出身の男です。

趣味は、旅行、パソコン、スノーボード。

 

訪れた国(アメリカ、カナダ、オランダ、ベルギー、インド、ネパール、タイ)。

 

パソコンを自作するほどの興味はないですが、BTOで自分に最適なパソコンを組んでいます。キーボードはロープロファイルもしくはパンタグラフ式などキーストローク浅めの物を好む。

B-side Journal というサイトを作った経緯

 

まずは、私の会社員時代の話から始めます。

 

私は大学卒業後にソフトウェア開発会社で約8年ほど勤務していたのですが、その間、複数の会社を渡り歩いてきました。

 

社会人1年目ということもあり、未熟ではありましたが必死で仕事に食らいつく毎日。休日も勉強の毎日でした。

仕事は自ら勉強して身につける。分からないことは徹底的にググるのが基本。

そんな事は重々承知なのですが、どうしても分からない事は教えを請う必要があります。

 

私が社会に出て最初に思ったのは「社会人って冷たいんだな」という事でした。

 

みんな時間に追われて仕事をしています。貴重な時間を奪われたくない。仕事を中断してまで他人の世話なんかしたくない。自分が教える側に回ればその気持はよく分かります。

「それにしても冷たすぎませんか?」というのが社会人1年目の感想でした。

 

その後、経験を積むにつれて徐々に仕事にも慣れていくのですが、それでも多くの現場で「冷たい人だなぁ」「意地悪だなぁ」という感じの人を見てきました。相手の間違いを知ってても教えない。教える時間があるのに教えない。勿体ぶって結局は教えない。そういう人がどの現場にも一定数存在します。

 

自分の知識を教えると、職場での自分の優位性が失われるとでも思っているのでしょうか?

私はそんなセコい人間には成りたくないですね。

 

私は現在、職を変えてまったく畑違いの仕事をしており、専門知識は古い過去のものとなってしまいましたが、こんな自分でも情報発信することで少しでも社会の役に立てるのでは?と思い、当サイトの立ち上げに至りました。

 

B-side Journal というサイト名の由来は、「A級ではなくB級の情報を発信しますよ」という謙虚さでB-sideと命名。「なんとかジャーナルという名前を付けると何か権威がありそうだな」という単純な発想からJouralという単語を最後にくっつけました。

パソコン、インターネット、ガジェット系を中心に情報発信していきます。

 


スポンサーリンク