php実行可能ファイルが設定されていない

 

PHP 実行可能ファイルが設定されていないため、検証できません。設定’php.validate.executablePath’を使用して PHP 実行可能ファイルを構成してください。

 

Visual Studio Code で上記のエラーメッセージが出る場合があります。

これはどういう意味なのか。

 

簡単に言うと

Visual Studio Code に対して、パソコンの中にあるphp.exeの場所を教えて下さい

という意味です。

 

 

Visual Studio Code では、PHPの構文ミスをチェックする為にphp.exeの場所を知っておく必要があるのです。

どうやってphp.exeの場所を教えるのか?

setting.jasonファイルを編集して、”php.validate.executablePath”で場所を指定します。

詳しい手順を以下で説明していきます。

Visual Studio Code にてPHP実行可能ファイルの設定

まずは、setting.jasonを開いていきたいと思います。

Visual Studio Code の「ファイル」→「基本設定」→「設定」

をクリックして開いてください。

 

Visual Studio Code の設定

 

 

設定の画面から

「拡張機能」→「JSON」→「setting.jasonで編集」をクリックして開いてください。

 

setting.jasonで編集の場所

 

 

setting.jasonが開いたかと思います。

ここで指定するphp.exeの場所を知っておく必要があります。

Windowsの場合はCドライブ配下のどこかにあるはずなので、Cドライブで「php.exe」という名前で検索をかけてください。

 

環境によって場所は変わってくるかと思いますが、私の環境では「C:\\xampp\\php\\」の直下にphp.exeがありました。これを例に説明していきます

 

php.exeの場所

 

 

setting.jasonに以下の1行を追記してください。

(php.exeの場所は各自の場所を指定して下さい)

"php.validate.executablePath": "C:\\xampp\\php\\php.exe", 

 

追記した図が以下になります。

 

setting.jasonの編集

 

 

これで Visual Studio Code でPHPの構文チェックが可能になりました。

setting.jasonファイルを上書き保存して、Visual Studio Code を再起動すると、もう先程のエラーはでなくなります。

 

さらに、リアルタイムでPHP構文のチェックを行いたい場合は、setting.jason に以下の1行を追記する事をオススメします。

"php.validate.run": "onType" 

 
追記した図が以下になります。
 
setting.jasonの編集

 

これで安全にPHPを書く環境が整いました。以上になります。


スポンサーリンク