BracketsでjQueryの構文を書くと何故かエラーが大量に出ます。

エラー箇所にマウスを重ねてみると、

 

'$' is not defined.


 

 

ERROR: ‘$’ is not defined. [no-undef]

 

「’$’は宣言されていません」との事でエラーが出ています。

Bracketsのjavascriptの構文エラーチェックは「JSlint」というものを使っているのですが、

こいつのチェックが厳しすぎる為に、余計なエラーを表示しているみたいです。

 

エラーチェックがもう少し軽めな「JSHint」に切り替える事で対処していきます。

brackets.jsonの編集

メニューから、

[デバッグ]  –  [環境設定ファイルを開く]をクリックしてください。

 

環境設定ファイルを開く


 

 

brackets.jsonが開きます。

デフォルトではこの様に記述されているかと思います。

 

brackets.json


 

 

ここに以下のコードを追記していきます。

 

"language":{
 "javascript":{
 "linting.prefer": ["JSHint"],
 "linting.usePreferredOnly":true
 }
}

 

注意すべき点は、最終行の末尾に「,」コンマを付けてから追記する事。

 

JSHintに切り替え


 

 

brackets.jsonを上書き保存してから、Bracketsを再起動してください。

再度Bracketsを開くと、jQueryの余計なエラーが消えています。

 

BracketsのjQueryで余計なエラーが消える



スポンサーリンク