HHKB Pro2 DIP設定

 

Happy Hacking KeyBoard Professional2 (英語キー配列)を、Windowsで使う際の最適なDIP設定について書いていきます。

 

HHKBはキーの数が少ない為、ファンクションキーと他のキーを組み合わせて使う事になるのですが、デフォルトのままでは正直使いづらいですね。

ファンクションキーを無理なく使いこなすには、DIPスイッチの設定が必要になってきます。

 

DIPスイッチは、キーボード上側にあり、蓋を外すとスイッチが確認できます。

爪楊枝などの先の細い物で「ON・OFF」設定を行います。

 

HHKB Pro2 DIP設定

 

結論を先に言います。

私が推奨するDIP設定は以下です。

  • SW1: ON
  • SW2: OFF
  • SW3: ON
  • SW4: ON
  • SW5: OFF
  • SW6: OFF

 

HHKB Pro2 DIP設定

 

デフォルトの状態では全てOFFになっているので、爪楊枝でSW1、SW3、SW4を上に押し上げてONにします。

それぞれのメリットについて説明していきます。

 

スポンサーリンク

HHKB Pro2(英語配列)DIP設定→ 【SW1】ON

SW1をONにすると、Lite Ext.モードになります。

このモードは、左右の◇キーを「Windowsキー」として割り当てます。

 

HHKB Pro2 DIP設定

 

WindowsにはWindowsキーを利用した様々なショートカットがあります。

例えば、

  • 「Windowsキー+R」で、「ファイル名を指定して実行」を起動
  • 「Windowsキー+D」で、全てのウインドウを最小化

 

他にもWindowsキーを使ったショートカットがたくさんあります。

これらを使うにはSW1をONにしておく事が不可欠ですね。

HHKB Pro2(英語配列)DIP設定→ 【SW3】ON

SW3をONにすると、DeleteキーをBack Spaceキーとして割り当てることができます。

 

このモードをONにしておかないと、

タイピングミスした場合、訂正するのに手間が増えてしまいます。

わざわざカーソルを左移動させて、タイプミスの前までカーソル移動させてからDeleteキーを押すという無駄な操作が必要になります。時間のロスですよね。

 

DeleteキーをBack Spaceキーとして割り当てておくと、キーひとつで訂正する事ができます。

 

HHKB Pro2 DIP設定

 

SW3をONにした場合、ファンクションキーと、右上にあるチルダの同時押しが、Deleteキーとなります。

 

HHKB Pro2 DIP設定

 

HHKB Pro2(英語配列)DIP設定→ 【SW4】ON

SW4をONにしておくと、左下◇をファンクションキー右下◇をWindowsキーとして割当てる事ができます。

この設定の良さは、カーソル移動や、PageDown、PageUpの操作で発揮されます。

 

HHKB Pro2 DIP設定

 

デフォルトの状態では、以下の画像のように、

カーソル移動する時は「右にあるファンクションキーとカーソルキーの組み合わせ」を使う事になります。

 

これでは、右手がホームポジションから大きくズレてしまうのと、近くにあるReturnキーを誤タッチしてしまう頻度が増えてしまいます。

 

HHKB Pro2 DIP設定

 

しかし、SW4をONにしておくと、

  • 両手をホームポジションに置いたままで、
  • 左手の薬指だけを2つ下に移動させて◇キーを押さえておいて
  • 右手の小指でカーソルキーを押さえる

 

ホームポジションのままカーソル移動できてしまいます。

さらに、PageDown、PageUp、Home、End、もホームポジションのまま楽々押さえられるようになるのです。

 

HHKB Pro2 DIP設定

 

どうでしょうか?

DIP設定により使い勝手が格段良くなります。

 


スポンサーリンク