かれこれ7年以上、私の自宅のWi-fi環境は「NTTフレッツ光」なのですが、

そろそろ他のものを試してみたくなり、いろいろ試行錯誤してみました。

 

試したのは以下の3つ。

左から「NTTフレッツ光」、「SoftBank光」、「SoftBank Air

フレッツ光、ソフトバンク光、ソフトバンクエアー

NTTフレッツ光

まずは現在の環境「NTTフレッツ光」について。

NTTフレッツ光のモデム


 

現在使っているのがこのモデムです。

元々、有線のLANケーブルのみで使っていたのですが、オプション(月額100円プラス)で

モデムの上にWi-fiのカードを挿すとWi-fiを飛ばすことができます。

NTTフレッツ光の無線LANカード

 

 


 

 

私の使い方としてはPCは有線のLANケーブルでつないで、

タブレット、スマホ、nasne、テレビなどの機器はWi-fiで繋いで使っています。

速度

速度を計測すると以下の数字が出ます。

有線LANを使用した場合

NTTフレッツ光の有線LAN速度


 

 

Wi-fiを使用した場合

NTTフレッツ光の無線LAN速度


 

 

普通に使っている分には何の不満もありません。

この数値を基準値として他のSoftBankモデムと比較していきます。

SoftBank光

箱を開けるとこれだけ入っています。

ソフトバンク光


モデムの外観

ソフトバンク光の側面


 

裏側には、有線LANの差込口が4個あります。(水色の差込口)

ソフトバンク光の裏面


 

正面

ソフトバンク光の表面


 

速度

速度を計測すると以下の数字が出ます。

有線LANを使用した場合

SoftBank光の有線LAN速度


 

 

Wi-fiを使用した場合

SoftBank光の無線LAN速度


 

 

NTTフレッツ光とだいたい同じ数値です。


スポンサーリンク

SoftBank Air

箱を開けると非常にシンプルで、

・モデム

・アダプタ

・LANケーブル1本

 

これだけしか入っていませんでした。

モデムの外観

ソフトバンクエアーの表面


 

裏側には、有線LANの差込口が2個あります。(水色の差込口)

ソフトバンクエアーの裏面


 

このモデムは非常にシンプルで、

外からSoftBankの電波をモデム取り込んで、そこから室内にWi-fiの電波を飛ばす方式なので、

電源アダプタを挿して電気を通すだけでWi-fiが飛びます。

配線を抜き差しする手間はありません。

ポケットWi-fiの室内専用版といった感じです。

電波状況確認

説明書を確認すると、

電源を入れて正面の「LEVEL」ボタンを押すと、電波状況を確認できます。

ソフトバンクAirのランプ確認


 

早速、LEVELボタンを押して電波状況を確認。

ソフトバンクAirの受信レベル


 

ブルーのライトが3つ点灯しているので、電波レベル強です。

SSIDについて

SoftBank Airの大きな特徴は、SSIDが2つあるという事。

2.4GHzと、5GHzの2つのWi-fiが飛びます。

ソフトバンクエアーのSSID


 

モデムの側面にSSIDが2つ書いてあり、

SSID名の後ろに「-2G」と「-5G」が付きます。

SoftBank Air 2.4GHz帯、5GHz帯


SoftBank AirのWifiを受信


2.4GHzと5GHzの違い

2.4GHzの特徴は、

障害物に強く比較的安定したWi-fi電波を受信させる事ができます。

 

5GHzの特徴は、

2.4GHzよりも通信速度が速い反面、障害物に弱くモデムから近い場所に限定されます。

 

さらに、

無線LAN規格が「IEEE802.11b/g/n」の場合、2.4GHzは認識しますが、5GHzのSSIDを認識できません。

「IEEE802.11ac/a」の場合、2.4Ghz、5GHzの両方を認識できます。

速度

2.4GHzの

有線LANを使用した場合

SoftBank Air 2.4GHz 有線LANの速度


 

 

2.4GHzの

Wi-fiを使用した場合

SoftBank Air 2.4GHz 無線LAN速度


 

 

5GHzの

有線LANを使用した場合

SoftBank Air 5GHz 有線LAN速度


 

 

5GHzの

Wi-fiを使用した場合

SoftBank Air 5GHz 無線LAN速度


 

速度比較結果

  有線LAN Wi-fi
下り 上り 下り 上り
NTTフレッツ光  93.0Mbps 80.7Mbps 32.1Mbps 36.8Mbps
SoftBank光  91.5Mbps 78.9Mbps 27.9Mbps 36.5Mbps
SoftBank Air 2.4GHz  34.6Mbps  1.54Mbps 20.2Mbps 1.38Mbps
SoftBank Air 5GHz  30.0Mbps 1.36Mbps 29.0Mbps 1.42Mbps

 

スピードテストは、複数回測定するとその都度数値が変わります。

ここに記載した数値は、複数回測定してだいたい平均値だと判断したものを載せています。

モデムから2メートルほど離れた場所で測定しました。

 

SoftBank Airの「上り」が極端に遅いのが分かりますね。

受信レベルが強の状態で測定したので、これがリアルな数値だと思います。

 

SoftBank Airは複雑な配線を繋ぐ必要がなく、引っ越ししてもすぐインターネットに繋げるといったメリットはあるのですが、

引っ越し先がビルに囲まれている場合など、受信レベルが低くなって使い物にならないケースもあります。

NTTフレッツ光かSoftBank光の2択で考えた場合、

トータルの料金が安くなるSoftBank光に軍配が上がります。

SoftBank光

SoftBankのスマホを使っている人なら、

家のWifi環境を、NTTフレッツ光からSoftBank光に変える事でトータル料金が安くなります。

通信速度もフレッツ光と変わらず高速です。

 

サイト【SoftBank光】SoftBankスマホをお使いなら、毎月の通信費が最大2千円OFF!

 

SoftBank Air

転勤や単身赴任、引っ越しが多い方にはSoftBank Airがおススメです。

「下り」の速度は普通に使っている分には全く問題ありません。

Webページを閲覧するだけなら「上り」の速度はあまり意識する必要ないです。

 

何より、アダプターをコンセントに挿すだけでWifiが繋がるというメリットが大きいですね。

Webで住所変更の手続きをするだけで、新しい住所に持って行けばすぐに使えます。

SoftBankのスマホを使っている方なら料金もお得になります。

契約前に、家に電波が届くかどうか「無料お試し期間」があるので、気軽に試してみてはどうでしょうか?

 

サイト【SoftBank Air】データ容量制限なし、お手軽カンタンWi-Fi高速インターネット!

 

スポンサーリンク