事前に、Windowsで共有フォルダを作っておく必要があります。

作り方は以下の記事を参照してください。

 

前提条件として、

WindowsパソコンとiPhoneが、同じLAN・Wi-fiに接続されている必要があります。

 

Windows側の準備

ここでは例として「Sample-K」という名前の共有フォルダを作成、

その中に確認用のテキストファイルを置きました。

 

共有フォルダの中身


 

 

後にiPhoneから接続する為に、Windows端末のIPアドレスをメモっておく必要があります。

コマンドプロンプトを開いて「ipconfig」と入力。

 

コマンドプロンプトでipconfig


 

 

IPが一覧で表示されます。この中のIPv4 アドレスに注目してください。

ドットで区切られた4つの数字192.168.〇.〇」をメモっておいてください。

 

IPv4アドレス


 

iPhoneの作業

Documents by Readdle という無料アプリで実現できます。

インストールしてアプリを開くと以下の画面が表示されます。

左上の歯車のマークをタップして、「設定」画面を開いてください。

 

Documents by Readdle


 

 

ネットワーク」をタップ

 

Documents by Readdleの設定


 

 

「ネットワーク」の画面では、

ネットワークに繋がっているアプリとそのアカウントが一覧表示されます。

Windowsのアカウントを追加していきます。

+アカウントを追加」をタップ。

 

Documents by Readdleのネットワーク


 

 

「アカウントを追加」の画面で、「Windows SMB 」をタップ。

 

Documents by Readdleのアカウントを追加


 

 

共有フォルダを作成したWindowsパソコンのアカウント名とパスワードを入力していきます。

 

 

タイトル: 任意(分かりやすいようにWindowsアカウントと同じ名前が好ましい)

URL:   共有ファイルを作ったWindowsパソコンのIPアドレス(smb://〇.〇.〇.〇

ドメイン: 任意

ログイン: 共有ファイルを作ったWindowsパソコンのアカウント名

パスワード:共有ファイルを作ったWindowsパソコンのログインパスワード

 

入力した後、「完了をタップします。

 

Windows SMB


 

 

Windowsのアカウントが追加されます。

 

Documents by Readdleのネットワーク


 

 

画面下の「サービス」をタップすると、

② アクセス可能なデバイスが表示されます。(Windowsアカウントに紐付いたデバイスが表示)

③ Windowsアカウント名のデバイスをタップ。

 

Documents by Readdleのサービス


 

 

Windowsアカウント名と、ログインパスワード入力すると、

 

Documents by Readdleで共有フォルダを追加


 

 

共有フォルダが表示されます。

 

Documents by Readdle


 

 

共有フォルダSample-Kをタップして中に入ると、

Windows側で追加しておいたテキストファイルが表示される事を確認

 

Documents by Readdle


 

これで完了です。


スポンサーリンク