loctek flexispot

 

私は長時間パソコンで作業する事が多いので、

ここ数年は足腰が弱って退化しているような感覚がありました。

 

「何か対策を打たないとダメだ」と思いつつ、今まで何もしてこなかったのですが、

ついに意を決して、以前から興味をもっていた電動昇降デスクを購入した次第です。

 

最近は、いろんなメーカーからこの手の商品が発売されているのですが、

私が購入したのはLocktek社の子会社であるFlexiSpotという会社の電動昇降デスクです。

 

  • 使用感はどうなのか
  • どうしてLocktek社・FlexiSpot電動デスクを選んだのか、

 

という観点からレビューしていきたいと思います。

FlexiSpot 電動昇降デスクの使用感、レビュー

1週間ほど使ってみた感想ですが、

普段、座りっぱなしで作業している様な人は、絶対買った方が良いですね。

 

この1週間は腰痛もないですし、健康を取り戻しつつあるのが実感できます。

 

昇降範囲は、60~128cm、

耐荷重は、80kg、

 

高身長の人でも満足できる高さまで伸びますし、今のところ何の不便もないです。

(ちなみに身長180cmの私のベストな高さは110cm)

 

電動昇降デスク


 

 

▲▼ボタンを長押しして高さを調節するのですが、

特筆すべきは高さのメモリ機能です。

この製品は3つまでの高さを登録できるので、自分のベストな高さにボタンひと押しで移動できます。

 

高さメモリ機能


 

【メモリ登録方法】

①自分の好きな高さに合わせた後、

②Mボタンを押して、

③登録する番号のボタンを押すだけ。

 

超簡単です。

何故、Locktek社のFlexiSpot電動昇降デスクなのか【メリット】

電動昇降デスクといえば株式会社オカムラのSwiftが有名ですが、公式ショップで売られている値段が14~16万円くらいです。

オフィス製品の有名メーカーなので値が張りますが、個人でこの製品を買うのは躊躇しますね。

 

お手頃な価格の物を調べてみると、

目に付くのが有名企業の「IKEA」と「ニトリ」です。

 

私の個人的な感想ですが、IKEAの家具はあまり信用してません。(買った椅子が1ヶ月で壊れた経験があるので)

ニトリの製品はある程度は信用していますが、高さのメモリ機能が付いていません。

それに微妙に値段が高いんですよね。送料込みで8万円くらいです。

 

5~6万円程度の値段で最も良さそうなのがLocktek社・FlexiSpotの電動昇降デスクでした。

見た目からも分かる通り、結構ガッシリと骨太な印象で、同じ価格帯の中では一番信頼度は高いです。

 

電動昇降デスク外観


 

 

さらに、オプションでキャスターを付けられるのが重要なポイントです。

実はこのアイテムは意外と重要でして、

これが有るだけで部屋の模様替えが格段に楽になります。

特に電動昇降デスクは、「それ自体がかなりの重量」なのでキャスターは必須なんです。

 

loctek flexispotキャスター


 

 

ニトリやIKEAの製品はキャスターが付いていません。
これがあるだけでもLoctek社・FlexiSpotの製品を選ぶ価値があるのです。

 


スポンサーリンク

電動昇降デスクの組み立てに関して

この商品、作り方は単純明快なのですが、1個1個の部品が重いです。

そういう意味で、女性が一人で組み立てるのは難しいかな?という印象ですね。

私は男性ですが手伝ってもらいながら作りました。

 

loctek flexispot 土台


電動昇降デスク組み立て


 

 

とくに天板を取り付ける際は、土台をひっくり返して板の上に乗っけてからドライバーで締めるのですが、

重い物を持てない人は、誰かに手伝ってもらう必要があります。

 

天板の取り付け


 

 

部品ごとに購入することが可能なので、

もし土台だけ寿命がきて壊れた場合は、土台だけを購入する事ができますし、

天板が破損したら、天板だけを購入する事もできます。

 

 
 
電動デスクは長く使う商品なので、
部品ごとに購入して自分で交換できるのは便利ですね。


スポンサーリンク