UbuntuにVPNを設定したい場合、最も手っ取り早いのは筑波大学が無料で開放している「VPN Gate」を使う方法です。

 

今回は、コマンドを一切使用せずに、GUI環境でクリック操作のみで設定していきます。

 

※ Ubuntu-20.04で解説

「VPN Gate」の公式サイトからプロファイルをダウンロード

まずは、「VPN Gate」の公式サイトにアクセスしてください。

 

 

 

「Open VPN」にチェックを入れて、「サーバー一覧を更新」をクリックしてください。

これで、Open VPN に対応した場所のみが表示されます。

 

 

 

好きな場所の「OpenVPN 設定ファイル」のリンクをクリックしてください。

 

遷移したページからVPNのプロファイルをダウンロードして、Ubuntuのローカルディレクトリに保存しておいてください。

Ubuntuに「VPNプロファイル」を適用させる

 

Ubuntuの画面右上にある▼をクリックして、歯車のマーク「設定」をクリック

 

 

 

Networkのタブを開くと、VPNの設定項目があるので、「+」マークをクリック

 

 

 

「ファイルからインポート」をクリック

先ほど「VPNプロファイル」を保存したローカルディレクトリを指定します。

 

 

 

「VPNプロファイル」をダブルクリックして指定します

 

 

 

「追加」ボタンをクリック

 

 

 

VPNの項目に、適用させたVPNプロファイル名が指定されている事を確認。

VPNが「ON」になっている事を確認。

 

 

 

デスクトップ右上に「VPN」のマークが付いていれば、VPN接続完了です。

VPNの「一時停止」と「除去」

 

VPN接続を一時停止したい場合は、

設定画面からスイッチをクリックして「OFF」に切り替えてください

 

 

 

適用したVPNプロファイルを完全に除去したい場合は、

右側の歯車のマークをクリックして・・・

 

 

 

「削除」をクリックすると、

VPNプロファイルをアンマウントすることができます。

 

以上になります。


スポンサーリンク