株とは?

「株」とは、株式会社が発行している「株式」のことです。

 

例えば、ある人が会社を起業しようとしています。

会社を興すということは、オフィスのテナント料や備品、人件費など、多額の資金が必要になります。

資産家でもない限り、

銀行からお金を借りるか、誰かから出資してもらわない事には会社を興すことはできません。

そこで、会社は「株式」を発行して売ることで出資者からお金を集めることができます。

 

  • 会社が株式を売って集めたお金を資本金といいます。
  • 出資者は株主と呼ばれ、株式を買った証明として株券を受け取ります。

 

株を買う

 

 

株式会社のメリット

銀行からお金を借りた場合、利子が発生します。

返済できない場合は利子が膨らみ続けます。

それに対し、

株式を売って集めたお金に利子は付きませんし、返済する必要もありません。

もし事業が失敗して会社が倒産してしまってもお金を返さなくていいのです。

株を売る方が会社にとって都合が良いのです。

 

株主のメリットは2つ

インカムゲイン

会社に利益が出て黒字になった場合、配当金(インカムゲイン)が株主に入ります。

(利益の一部が株主に還元される)

 

キャピタルゲイン

株価は変動します。

買った時よりも株の値段が上がると、

それを売る事によって差額の利益(キャピタルゲイン)を得ることができます。

 

株価の変動

業績が悪くて赤字を出している会社の株は誰も欲しいと思いません。

配当金がもらえませんし、最悪の場合は倒産してしまいます。

それに対し、儲かっている会社の株は多くの人が欲しがりますし、株価も上がっていきます。

株価が上がればキャピタルゲインも上がっていきます。

 

株を買う時は、会社の将来性を見て買う必要があります。

 

 

株はどこで買えるのか?

株の取引きは証券市場で行われます。

日本では主に、東京、大阪、名古屋、札幌、福岡、で行われており、

一番有名なのが東京証券取引所(略して東証)です。

 

 

「証券取引法」により、

証券取引所で株の売買ができるのは「証券会社」だけとなっています。

私たちは「証券会社」を通してのみ株の売買を行うことができます。

 

証券会社を通して株を買う

 

 

証券会社の口座を作る

株の売買を行うには、証券会社の口座を作る必要があります。

 

窓口かインターネットかの2択

  • 証券会社(窓口で売買)
  • インターネット証券

 

証券会社(窓口で売買)

通常、証券会社の窓口で担当者を通して株を売買するのですが、

担当者のアドバイスや、おススメの銘柄などを教えてもらえたりします。

多くの場合、窓口に電話で注文の依頼を出します。

事前に証券会社の口座に振り込んでおいたお金から差し引かれて株を購入するのです。

何を買っていいのか分からない初心者の方なんかは、

プロのアドバイスを聞けること、安心感を得られることがメリットになります。

デメリットとしては、それらのサービス料が上乗せされているので、

売買の度に、「売買手数料+サービス料」が付くので高くなってしまいます。

 

インターネット証券

ネット証券は、

インターネットを介して「証券会社のコンピューター」に売買の注文を依頼します。

事前に証券会社の口座に入金している金額の内から購入できます。

担当者を仲介することがないので、

サービス料がかからず売買の手数料のみで済みます。

 

どちらを選ぶかはあなた次第です

 

従来の取引とネット取引の違い

 

株を長く持ち続けたい、頻繁に売買を行いたくないと考えている人は、

窓口で担当者のアドバイスを聞いた方がいいかもしれませんし、

頻繁に株を売買して少額の利益をたくさん稼ぎたいと考えている人は、

売買手数料の安いネット証券が良いかもしれません。

たとえ損したとしても、窓口担当者を責めることはできませんので

すべて自己責任でお願いします。

 

以上になります。


スポンサーリンク