ぐぐる君

小学生(高学年)や中学生に本格的なプログラミングを勉強させたいが、

何を勉強させたら良いの?

おすすめのプログラミング学習サイトは?

どれくらいお金がかかるの?

 

こういう疑問に答えていきます。

 

・近所に子供向けのプログラミングスクールが無いという方

・プログラミング学習サイトで安く学ばせたいという方

 

に向けて記事を書いています。

 

 

まず初めにお伝えしておきたいのが、

子供にパソコンが使える環境を与えてください

という事です。

 

何故かと言いますと、プログラミングで成果物を制作する為には、パソコンを使いこなすことが必須だからです。

多くのプログラミング初心者が挫折するポイントとして「環境構築」があります。

環境構築とは、プログラムのコードを書くためのエディタを準備したり、パソコンに仮想サーバー作るといった事で、プログラミングを行う前に必ず必要な作業なのですが、残念な事にこの環境構築が全く面白くない上に難しいのです。

環境構築で多くの人が挫折してしまいます。

 

 

パソコンを自在に操作できる能力、分からないことを自分で検索して調べる能力が無ければプログラミングは出来ません。

2020年から小学校でのプログラミング教育が必須となりましたが、どうやらアルゴリズムに特化した教育のようで、すでに出来上がったプログラムをタブレットで組み直すだけ、

パソコンを使わない概要だけの教育のようです。

 

 

子供に「環境構築」をさせるなんて早すぎる。簡単なことだけ学ばせればいい。という考え方もあります。確かに小学生には無理かもしれません。

しかし、プログラミングは自分の手でコードを書いてモノを制作しなければ何も楽しくありません。プログラミングはパソコンを使ってナンボなのです。

 

 

この後お伝えする学習サイトは、

実際に手を動かして制作する手順が学べます。

何(どのプログラミング言語)を勉強させるべきか?

以下の記事は、大人向けに書いたものですが、

プログラミング言語ごとに何ができるかについて軽くまとめています。

 

 

 

小中学生なら最初は「簡単なWebページを作ってみる」というレベルだと思うので、

何がしたいとか難しいことは考えなくていいです。

将来的に就職先の多さや需要を考慮してWeb系の言語をおすすめしたいところですが、

子供が興味を持ちそうな分野は、やはりゲームだと思います。

 

AI・人工知能・機械学習はこれから伸びていく分野ですが、難解な数学の知識が必要なので中学生にはオススメできません。

 

・「HTMLとCSS3」でWebサイトを作る

・「Javascript」でブラウザ上で動く簡単なゲームを作る

 

などから始めるのが良いです。

おすすめする学習サイトの特徴、値段など

TechAcademyジュニア

TechAcademyはネット上でプログラミングを学習するサイトです。

中高生向けに以下の3つのコースを展開しています。

 

・Webアプリケーションコース

・iPhoneアプリコース

・Androidアプリコース

 

 

自分の興味のある分野を選ぶことができますが、

注意が必要なのは、iPhoneアプリを開発するにはMacのパソコンが必要だという事。

家のパソコンがWindowsの方は他のコースを選ぶかMacを買う必要があります。

 

このサイトの特筆すべきところは、プロの技術者がパーソナルメンターとして指導してくれるところです。

チャットを通してパーソナルメンターと会話するので、疑問点を抱えたまま一人で悩むということがありません。

受講料金は8~14万円程度になりますが、内容を考えると決して高い値段ではないと思います。

 

サイト中高生向けオンラインのプログラミングスクール【TechAcademyジュニア】

Progate

先程も書いた通り、プログラミングは環境構築で挫折することが多いのですが、

Progateはブラウザにコードの実行環境が組み込まれているので、環境構築が不要でプログラミングを学べます

実際にブラウザ上でコードを書きながら、クリックひとつでページを進めつつ学習できるので、テンポ良く学習が進みます。

 

月額980円という激安価格なのもポイントが高いです。

昔は専門学校で数十万円を払わなければ教えてもらえないような内容が、月額980円程度で学べるのです。すごい時代になりました。

 

 

このサイトが子供向きな理由は、クイズ形式になっていてゲーム感覚で学べる事。

環境構築不要なのに実際に手を動かしてコードが書ける事。

Progateオリジナルキャラクターの忍者犬が可愛いので、それ見たさに勉強してしまいます。

 

まずはHTMLとCSSで静的なWebサイトを作ってみる、Javascriptでサイトに動きを付けるというレベルからスタートするのですが、

Progateではプログラミングの概要を学べるものの、実際に成果物を作ることはできません。

そこで後述するドットインストールかUdemyというサイトを参考にしながら、環境構築を行って実際に手を動かして制作していくという工程が必要になります。

 

サイトProgate公式サイト

ドットインストール

ドットインストールは、講義動画をみながら自分で学習を進めていくスタイルです。

初歩的な部分は無料で動画を視聴できますが、プレミアム会員しか見れない動画が混ざっています。

月額980円ですべての動画を視聴することが可能

 

ドットインストールのメリットは、動画が3分でまとまっているので、短時間でサクサク進めることができること。

 

デメリットは、無駄を端折っている部分があるので子供が理解するには難しいかもしれない事。

早口の説明なので子供向きではない事。

​試しに無料の動画を見てもらえば分かると思いますが超早口です。

さらに、説明に使っているパソコンがMacなのでWindows派の方にはオススメできません。

 

それでも無料で動画が視聴できるのは大きなメリットです。

Progateで学習している人の補足として使うのがベストですね。

 

サイトドットインストール公式サイト

Udemy

Udemyも講義動画を見ながら、自分で手を動かして制作していくスタイルです。

海外のサービスなので英語で作られた動画が多数ですが、この中でも日本人が作った「初歩的から中級までをまとめた動画」があります。

動画は有料ですが、購入した動画は月額ではなく永年視聴可能

動画の内容によって値段が変わりますが、だいたい数千円~24000円程度になります。

 

私もいろんな動画を購入しましたが、ドットインストールよりも丁寧でわかりやすい印象なので子供向きだと思います。

Progateである程度の学習を終えた人は、Udemyで動画を見ながら作品を制作してみてください。

動画は時期によって大幅割引きされるので、安くなった時期を狙って購入することをオススメします。

 

サイトオンライン教育のUdemy

 

【Udemyの初心者向け講座、おすすめを3つ貼っておきます。】

 

サイト【世界で30万人が受講】フルスタック・Webエンジニア講座

サイト【3日でできる】はじめてのiOS アプリ開発超入門【iOS 10 ・Swift 3対応】

サイト【3日でできる】はじめてのAndroidアプリ開発入門

オススメする学習手順

私が推奨する学習手順は、Progateでプログラミングの概要を学び、

それが終わったら、Udemyの有料講座から自分に会った動画を視聴して環境構築や作品制作を行う。

これだけである程度の事ができてしまいます。

 

とは言え、子供にはかなりハードルが高い事だと思います。

親御さんと一緒に勉強するのが理想なんですけどね・・・。

 

『自分で勉強する自信がない、

もう少しお金をかけても良いからプロの技術者から指導を受けたい』というお子様は、

TechAcademyジュニアを強くオススメします。


スポンサーリンク

学校の勉強との両立

Progateなら夏休みのまとまった時間でサクっと終わらせることができます。

そんな暇があったら受験勉強に力を入れたいと思うかもしれませんが、学校の勉強とプログラミング学習は別と思ってください。

受験勉強は大学入学で目的を達成しますが、プログラミング学習はその後の就職・転職・年収に関わる勉強だからです。

 

 

普通の大学新卒より、IT企業にポートフォリオ(自分が制作した作品)を提示できる大学新卒。

就職市場でどれだけ価値のあることかを知って欲しいです。

 

IT業界は慢性的な人手不足で、今後も技術者の需要は高まっていきます。

試しにハローワークの求人検索で、フリーワード「システム開発」で検索してみてください。

​大量の求人がヒットします。

IT業界は今後も伸びていきますし、将来の年収に必ず見返りがあると確信しています。


スポンサーリンク