iPhoneに標準装備されているメール機能として、「SMS」、「MMS」、「iMessage」があります。

それに加えて「PCメール」、「Webメール」は後から追加設定する事で使用可能になります。

 

今回は「SMS」と「MMS」と「iMessage」に限定して、

それぞれの違い、使用方法について書いていきます。

SMS、MMS、iMessage、の違い

SMSとは、電話番号を宛先としたメッセージサービスです。ショートメールとも呼ばれます。

特徴としては全角70文字まで入力可能。(ソフトバンク同士の場合は全角670文字以内)

テキストメッセージと絵文字のみが使えます。

 

 

MMSとは、電話番号もしくはメールアドレスを宛先としたサービス。

テキストメッセージと絵文字に加えて、写真や動画を添付して送ることができます。

 

 

iMessageとは、電話番号もしくはメールアドレスを宛先としたサービス。

テキストメッセージと絵文字に加えて、写真や動画を添付して送ることができます。

送信相手の端末が、iPhone、iPad、iPod touch、MacなどのApple製品に限ります。

(電話番号/メアドが、iMessage着信用として端末に設定されている必要あり)

 

 

違いを表にまとめました

 

種類 宛先 送信相手の端末
iMessage 電話番号 iPhone
メアド iPhone/iPad/iPod touch/Mac
SMS 電話番号 携帯電話
MMS 電話番号 携帯電話
メアド 携帯電話/パソコン/タブレット

などのメールを受信できる端末

 

 

メッセージアプリ1つで、これら3つのメール機能を使い分けます。

 

メッセージアプリ

 

どうやって使い分けるのかというと、

メッセージアプリが自動的にメール機能を選んでくれます。

優先順位が一番高いのがiMessage、そうでなければSMS、そうでなければMMSという順番で、当てはまるメール機能を選んでくれるのです。

(表の上から下に向けて優先順位が移ります)

 

 

例えば、宛先に電話番号を入力してメールを作成した場合、

相手がiMessage使用可能な機種ならば、iMessageでメールが作成されます。

それ以外の場合はSMSでメールが作成されます。(メールに写真や動画付きの場合はMMS)

 

メッセージアプリの優先順位


 

 

例えば、宛先にメールアドレスを入力してメールを作成した場合、

相手がiMessage使用可能な機種ならば、iMessageでメールが作成されます。

それ以外の場合はMMSでメールが作成されます。

 

メッセージアプリの優先順位


iMessage発信・着信の設定

iMessageを使いたい場合、

自分の電話番号とメアドを、iMessageとして発信&着信できるように

iPhoneに登録しておく必要があります。

 

設定を開いてください。

 

iphoneXホーム画面から設定を開く


 

 

メッセージを開く。

 

メッセージアプリの設定


 

 

① iMessageをONにする

② 送受信をタップする

 

iMessageの送受信設定


 

 

「iMessageにApple IDを使用」という文字が出てくるので、

それをタップしてApple IDとパスワードを入力してください。

 

「iMessage着信用の連絡先情報」の項目で、

iMessageとして使用したい電話番号とメールアドレスをタップして、チェックマークを入れてください。

 

メッセージアプリのiMessage送受信設定


 

 

これで完了です。

 


スポンサーリンク

SMS、MMS、iMessage、の送信

これら3つのメール機能は、メッセージアプリを使って作成します。

タップして起動させてください。

 

メッセージアプリ


 

 

新規メッセージを作成するには、

右上のマークをタップします。

 

メッセージアプリから新規メール作成


 

 

新規メッセージ画面で、

右端の+マークをタップすると、連絡帳から宛先を選べます。

 

新規メッセージの宛先


 

 

電話番号かメールアドレスを選んでタップ。

 

新規メッセージの宛先を設定


 

 

宛先が「iMessageで送信可能」な場合は、

① 宛先の名前が青字で表示されます。

② メッセージ入力欄に薄字で「iMessage」という文字が出ています。

 

そのままメッセージを入力して送信するとiMessageを使って送信されます。

 

iMessage

 


 

 

宛先が「iMessageで送信不可」の場合は

① 宛先の名前が緑字で表示されます。

② メッセージ入力欄に薄字で「SMS/MMS」という文字が出ています。

 

この段階では、まだSMSなのかMMSなのかは判断されません。

メッセージを作成する際に、テキストと絵文字だけで作成されたならSMSで送信され、

動画や写真を添付した場合はMMSで送信されます。

 

SMS/MMS

 


 

 

このように、メッセージアプリが自動的に選別してくれます。

メールを作成するときに「どのメール機能を使うのか?」を意識しておいた方がいいですね。


スポンサーリンク